[財務会計]財務諸表の試験に頻出用語まとめ

財務諸表の種類

会社法

  • 貸借対照表
  • 損益計算書
  • 株主資本等変動計算書
  • 個別注記表

金融商品取引法

  • 貸借対照表
  • 損益計算書
  • 株主資本等変動計算書
  • キャッシュフロー計算書
  • 附属明細表

貸借対照表(BS)

  • 貸借対照表は、年度末などある時点の企業の財政状態を表す財務諸表のこと
資産 負債
流動資産
現金・預金
受取手形
△貸倒引当金
売掛金
△貸倒引当金
有価証券
商品
短期貸付金
△貸倒引当金
その他流動資産

固定資産
建物
車両運搬具
土地
建設仮勘定
特許権
投資有価証券
長期貸付金

流動負債
支払手形
買掛金
短期借入金
その他流動負債

固定負債
社債
長期借入金

純資産
株主資本
資本金
資本剰余金
・資本準備金
・その他資本剰余金
利益剰余金
・利益準備金
・任意積立金
・繰越利益剰余金
自己株式
評価・換算差額等
新株予約権
非支配株主持分(連結のみ)

資産の項目

流動資産 短期間で現金化できるもの
売掛金 売ったが代金が未収の金額
貸倒引当金 受取手形、売掛金、貸付金などの債権を回収不能になる可能性がある金額
有価証券 企業が保有する株式、債権
商品 未販売の商品の在庫
固定資産 長期間保有する資産
建物 事業活動に用いる建物の取得金額から、減価償却累計額を差し引いたもの。
土地 事業活動に用いる土地の取得金額。減価償却は行わない。

正常営業循環基準

  • 通常の営業活動により生じた、債務や債権(売掛金、受取手形、買掛金、支払手形)、商品、棚卸資産は流動項目とし、それ以外を固定項目とする

一年基準

  • 正常営業循環基準に該当しないものについて、1年以内に決済される資産や負債は流動項目とし、それ以外を固定項目とする

負債の項目

流動負債 短期間で現金で支払われる負債
買掛金 商品を買ったが代金が未払いのもの
固定負債 返済義務が1年を超える負債
社債 企業が資金調達のため、不特定多数に社債券の発行に伴う債務

純資産の項目

株主資本 株主からの出資とそれを元手にした利益
資本金 企業が行う事業の元手
資本剰余金 株主からの出資など資本金以外の元手
利益剰余金 事業活動で得られた利益
利益準備金 株主への配当金の積立
繰越利益剰余金 利益準備金、任意積立金以外の利益剰余金、株主への配当に当てられる。
自己株式 自社株を取得したもの
評価・換算差額 有価証券や土地の評価差額金など

損益計算書(PL)

  • 年度ごとの企業の経営状況を表す財務諸表のこと
売上高
▲売上原価
売上総利益
▲販売費および一般管理費
営業利益
営業外収益
▲営業外費用
経常利益
特別利益
▲特別損失
▲法人税、住民税及び事業税
当期純利益

各項目

売上総利益 売上高から売上原価を差し引いた利益のこと。粗利益ともいう。
販売費および一般管理費 営業活動に関わる販売業務や管理業務に掛かる費用のこと、販管費という。
給料、旅費、広告費など
営業利益 売上総利益から販管費を差し引いた利益のこと
営業活動の成果から得られる本業での利益を表す。
営業外収益 財務活動などの営業活動以外から生じる利益のこと
受取利息
受取配当金
営業外費用 財務活動などの営業活動以外の費用
支払利息
経常利益 通常の経営活動に基づく利益を表す
特別利益 例外的な収益
固定資産売却益
特別損失 例外的な損失
固定資産売却損
災害損失
当期純利益 繰越利益剰余金に加算される利益のこと

株主資本等変動計算書

  • 貸借対照表の純資産について、期首と期末での変動を一覧化したもの

キャッシュフロー計算書

  • キャッシュの増減を表す財務諸表のこと

キャッシュフロー計算書は、営業活動によるもの、投資活動によるもの、財務活動によるものの3つに区分される。

営業活動 企業の本業で稼いだキャッシュの増減のこと。
投資活動 企業の投資活動で稼いだキャッシュの増減のこと。
マイナスの方が望ましい。
財務活動 企業の資金調達や借入返済、配当支払などによるキャッシュの増減のこと。
マイナスの方が望ましい。