暗記シート

赤字を隠す」を押すとページ内の赤字が消えます。暗記する際の助けにしてみて下さい。

 


GDP

  • 国内で一定期間内に生産された付加価値の合計額

GDP(国内総生産)は、日本国内領土での活動が対象となる。

GDP 雇用者報酬 + 営業余剰・混合所得 + 固定資本減耗 + 間接税 – 補助金

民間/政府最終支出 + 総固定資本形成 + 在庫品増加 + 輸出 – 輸入

NDP(国内純生産) GDP – 固定資本減耗

GNI(GNP)

  • 国民が一定期間内に受け取った所得の合計額

国民(日本人)による活動が対象となる。
GNP(国民総生産)はGNI(国民総所得)という名称に変わっている。

GNP(GNI) GDP + 海外からの所得受取 – 海外への所得支払
NNP
(国民純正産)
GNP – 固定資本減耗
= 市場価格表示の国民所得

※(間接税 – 補助金)を含む
※(間接税 – 補助金)を除いたものを要素価格表示の国民所得という

 

物価指数

  • ある物価の、基準と比較時点の物価の変化を比率で表したもの
  • ラスパイレス式:基準点の数量をウェイトとする
  • パーシェ式:比較時点の数量をウェイトとする
消費者物価指数(CPI) ・消費者が購入する物やサービス(600品目ほど)の価格を対象
・天候に左右される生鮮食品を除いたものを「コアCPI」と呼ぶ
ラスパイレス式で算出する
企業物価指数(CGPI) ・企業間で取引される物やサービスを対象
ラスパイレス式で算出する

 

GDPデフレータ

  • 名目GDPから実質GDPを算出するための物価指数

$$ GDPデフレータ=\frac{名目GDP}{実質GDP}\times100$$
GDPデフレータには、パーシェ式を用いている。

経済成長率

  • 前期と比べGDPがどれだけ増減したかを示す指標

$$経済成長率=\frac{今期GDP-前期GDP}{前期GDP}\times100$$

インフレーション

  • 物価の継続的な上昇
  • 需要の超過、貨幣量の増加によって生じる
  • 同じ金額で買えるものの数が減少 → 貨幣価値の下落

所得分配:
債権者から債務者に所得再分配が生じる。

・債務者が1,000円借りる
→1,000円でAを購入
・インフレによる物価の上昇
→Aの価格が2,000円になる
・債務者が債権者に1,000円を返す
→債務者が得をすると

フィッシャー方程式

実質利子率 = 名目利子率 – 期待インフレ率

期待インフレ率:物価上昇率

 

デフレーション

  • 物価の継続的な下落
  • 供給の超過によって生じる
  • 同じ金額で買えるものの数が増加 → 貨幣価値の上昇

所得分配:
債務者から債権者に所得再分配が生じる。