信用創造

マネタリーベース

  • 日銀が直接供給する貨幣

流通現金 + 法定準備

法定準備:
市中銀行が、預金のうち一定割合を日銀に預ける事を義務付けられている準備金(中央銀行当座預金)のこと。
金利はない。

マイナス金利:
法定準備金を超える額の日銀当座預金には、金利が掛かる。この金利をマイナスにする政策のこと。
つまり、
日銀に預けると金利を取られる

マネタリーベースの増加を促す

マネーサプライ

  • 信用創造により産み出された貨幣

流通現金 + 預金

貨幣乗数

  • マネーサプライがマネタリーベースの何倍になるかを表した数値

$$貨幣乗数=\frac{c+1}{c+r}$$
c:現金預金比率(流通現金/預金)
r:法定準備率(法定準備/預金)

 

金融政策

公開市場操作

  • 日銀が債権の売買を行い、マネタリーベースをコントロールすること

売りオペ:
日銀が債権を売る

民間の現金減少

マネタリーベース減少

買いオペ:
日銀が債権を買う

民間の現金増加

マネタリーベース増加

貨幣数量式

  • 取引総額と使われた貨幣総額は等しくなるという理論

MV(貨幣総額) = PY(名目国民所得)

M:マネーサプライ
V:貨幣の流通速度 →一定と考える
P:物価
Y:実質国民所得 →一定と考える

マネーサプライの増加は物価を上昇させるだけで、拡張的金融政策は無意味となる。

k%ルール

  • 貨幣供給量は国民所得の成長に合わせ毎年k%増加させ、あとは市場の自動安定化機能に任せるという考え

自動安定化機能:
ビルトインスタビライザーと呼ばれ、自動的に経済を安定化させるように働く財政政策のこと。
例)
累進課税、社会保障制度など

 

貨幣需要と投機的需要

  • 利子率により、貨幣を保有するか債券を保有するかを決定する

貨幣の投機的需要:
安全資産で流動性の高い貨幣を保有すること。

利子率が低い:
安全資産、流動性の高い貨幣を保有。

利子率が高い:
危険資産、流動性の低い債券を保有。

 

LM曲線

  • 貨幣市場で国民所得Yと利子率iの均衡点を表した曲線
形状 右上がり
国民所得が増えると利子率が上がる
傾き 貨幣需要の利子率弾力性
→ 緩やか
→ 急
シフト 右シフト:貨幣供給量増加、物価低下
→量的金融緩和政策
左シフト:貨幣供給量減少、物価上昇
曲線の上下 上側:超過供給
下側:超過需要
流動性のわな 貨幣需要の利子率弾力性が無限大(利子率がゼロ)
→LM曲線は水平になる

 

IS-LM分析

均衡国民所得

  • IS曲線とLM曲線の交点を、均衡国民所得、均衡利子率とよぶ

財政政策の効果

拡張的
財政政策
・IS曲線は右シフトする
・均衡国民所得/利子率は増加する
緊縮的
財政政策
・IS曲線は左シフトする
・均衡国民所得/利子率は減少する

クラウディングアウト

  • 拡張的財政政策による利子率の増加が投資の抑制を起こし、国民所得の増加を押し戻すこと
  1. 拡張的財政政策(政府支出増加)
  2. 利子率の上昇
  3. 民間投資の抑制
  4. 国民所得の抑制

金融政策の効果

拡張的
金融政策
・LM曲線は右シフトする
・均衡国民所得/利子率は低下する
緊縮的
金融政策
・LM曲線は左シフトする
・均衡国民所得/利子率は増加する