[企業経営]統合、合併、M&Aの頻出用語論点まとめ

統合の種類

垂直統合

  • 原材料→製造→物流→販売 の垂直的な流れ、縦方向の業務を1つの企業にまとめること

水平統合

  • 同種の分野、事業範囲の拡大をすること

M&Aの種類

  • M&Aとは、Mergers & Acquisitions の略で、企業が行う合併・買収のこと。

事業の再編、拡大をスピーディーに行え、競争力を強化する経営手法の1つ。

メリット ・短時間で事業の再編、拡大を行える
・自社の弱みを効率よく補強できる
デメリット ・意思決定がスムーズにいかないことがある
・人事労務面で融合がスムーズにいかないことがある

吸収合併

A社がB社を吸収しB社は解散

新設合併

A社とB社でC社を新設しA社とB社は解散

株式買収

  • 企業の発行済み株式を取得して子会社化する
  • 新株発行増資の引き受けで経営権を握る
  • 株式交換により株式を取得し子会社化する

営業(事業)譲渡

  • 事業を譲渡する

ジョイントベンチャー

  • 複数の企業が共同で出資して、新たな企業を設立する

戦略的提携(アライアンス)

  • 複数の企業が契約に基づいて協力する

M&Aの手法

TOB(Take Over Bid)

株式公開買付けと呼ばれる、買収側企業が株式市場を通さずに株主から直接買い取る方法。

LBO(Leveraged Buy Out)

買収者が買収先企業の資産などを担保に銀行借入や社債発行を行い、その資金で相手を買収する方法。

MBO(Management Buy Out)

会社の経営陣が、自社の株式を株主から譲渡されたり、事業の譲渡を受け経営権を取得する方法。
敵対的買収の対抗策として取られることもある。

MBI(Management Buy In)

MBOのひとつで、投資家や投資ファンドが企業を買収し、買収先の企業の再建を図る方法。

買収防止策

ポイズンピル

買収者以外の株主に自動的に新株が発行され、敵対的買収者の株式保有率を低下させる方法。

クラウンジュエル

被買収企業の保有する重要財産や事業を第三者に譲渡したり、分社化することで企業の魅力を下げ、買収者の購買意欲を削ぐ方法。

ゴールデンパラシュート

取締役に巨額の退職金を支払うように定めておくことで、敵対的買収を抑止しようとする方法。

ホワイトナイト

友好的な企業や投資家に買収を求める方法。

TLO

大学の基礎研究とその成果を企業へ仲介する機能

産業クラスター

ある特定分野の専門性の高い関連企業や関連機関が地理的に集中し、競争、協力している状態のこと。

例えば、
ハイテク産業のシリコンバレー
映画エンターテイメントのハリウッド