[企業経営]アンゾフの成長ベクトルとPPM 要点まとめ

アンゾフの成長ベクトル

企業の事業ドメインについて、製品と市場の二つの軸で既存か新規で、「市場浸透」「新市場開拓」「新製品開拓」「多角化」の4つの領域に分け、それぞれの方向性を示した戦略モデル。

製品(技術)
既存 新規
市場 既存 市場浸透 新製品開拓
新規 新市場 多角化

市場浸透戦略

既存市場に既存製品を投入する戦略。
宣伝広告により市場シェア拡大を目指す。

新市場開拓戦略

新市場に既存製品を投入する戦略。

新製品開拓戦略

既存市場に新規製品を投入する戦略。
携帯電話、スマホのモデルチェンジ、自動車のモデルチェンジなど。

多角化戦略

新規市場に新規製品を投入する戦略。

イゴール・アンゾフ(1918〜2002)
ロシア生まれのアメリカの経営学者(カーネギー工科大学)
軍事用語であった「戦略」という言葉を初めて経営用語として使ったと言われている。

多角化戦略

多角化戦略を行う目的は以下のような理由による。

  • 組織スラックの活用
    空いてる土地や人的資源などのスラック(余裕資源)の有効活用
  • リスクの分散
    ある事業の業績悪化を他の事業でカバーするポートフォリオ効果を得る。事業間の関連性が低い無関連多角化が前提となる。
  • シナジーの追求
    既存事業とのシナジーを求める。既存事業と共通性の高い関連多角化が前提となる。

一般的に無関連多角化より関連多角化の方が成功確率は高いとされている。

PPM(ProductPortfolioManagement)

プロダクトポートフォリオマネージメントとは、複数の事業を展開する場合の、資源配分を決定する際のモデル。ボストン・コンサルティング・グループにより提唱された戦略策定ツール。



市場
成長率

花形 問題児
金のなる木 負け犬
高←相対的市場占有率→低

相対的市場占有率=自社シェア÷自社以外で最大の競争相手シェア

問題児

  • 投資先 or 撤退
  • 資金流出が多く流入が少ないため、キャッシュフローはマイナス
  • 投資を行い相対的市場占有率を高め花形を目指す。ただし、全ての問題児が花形に移行するわけではない。

花形

  • 投資先
  • 資金流入も流出も多くキャッシュフローの源ではない。
  • 成熟期になると金のなる木に移行するので、継続的な投資を行い相対的市場占有率を維持する必要がある。

金のなる木

  • 花形、問題児、研究開発への投資元
  • 資金流入が多く流出が少なく、キャッシュフローの源。

負け犬

  • 撤退
  • 資金流入も流出も少ない。

PPMの問題点

PPMの問題点として以下があげられる。

  • 企業の経営・財務資源のみしか考えておらず、人的・情報資源が考慮されない。
  • 各事業間のシナジーが考慮されない。
  • 新規事業への展開には向かない。
  • 負け犬に区分けされた事業のモチベーションが低下する。
  • 金のなる木への投資が考慮されなく、その衰退を早める恐れがある。

ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)
アメリカに本社を置く経営コンサルティング会社。世界48カ国に拠点を置き、世界上位500企業のうちの3分の2がBCGのクライアントと言われている。平均年収は1,500万円を超え上位役職では年収数億円とも。
イスラエル国首相のベンヤミン・ネタニヤフ、駐日アメリカ大使のウィリアム・F・ハガティもBCGの出身。