[企業経営]ドメイン(事業領域)と競争優位性 試験の頻出項目

ドメインとは

ドメインとは、企業が行う事業のあるべき姿、方針を明示したもの。

  • ドメインの設定が狭い:顧客ニーズに合わなくなる
  • ドメインの設定が広い:経営資源の分散、競争に巻き込まれる

ドメインの定義の仕方に、物理的ドメインと機能的ドメインの二種類がある。

物理的ドメインとは

  • モノ(製品やサービス)を中心にドメインを定義する

事業ドメインが明確になるが、定義された製品やサービス以外のモノを作りづらく、事業展開の柔軟性が低くなるという特徴がある。

機能的ドメインとは

  • 顧客のニーズを中心にドメインを定義する

事業の拡大が容易、だがターゲットや製品が不明確となることがある。

企業ドメインと事業ドメイン

ドメインの定義するレベル(範囲)で企業ドメインと事業ドメインに分けることができる。

企業ドメインとは

  • 全社レベル

事業の範囲、事業ポートフォリオを規定、企業のアイデンティティを規定する。事業ドメインの集合が企業ドメインとなる。

事業ドメインとは

  • 事業レベル

具体的に、どのようなターゲットにどのようなニーズを満たしていくかを規定する。単一事業の企業は、事業ドメイン=企業ドメイン となる。

エーベルの3次元枠組とは

ドメインを定義するフレームワークとして、1980年にデレク・エーベルが提唱したモデル。ドメインを定義する軸として、以下の3つの軸を用いる。

  • 顧客(誰に)
  • 機能(何を)
  • 技術(どのように)

競争優位性

コアコンピタンスとは

  • 他社にマネできない、顧客に利益をもたらす、自社の技術、スキル、ノウハウ
  • 自社の経営資源を組み合わせて、企業の独自性を生む組織力のこと。

模倣困難性とは

  • 競合他社がマネすることが困難であること。

模倣困難性が高いと競争優位性が高い。物理的な経営資源と比べ、ノウハウや専門スキルなどの情報的経営資源は模倣困難性が高い

VRIO分析とは

企業の競争優位性を経営資源から分析する手法で、以下の4つの観点から分析する。

  • Value:資源の価値
  • Rarity:資源の希少性
  • Inimitability:資源の模倣困難性
  • Organizations:組織力

シナジー(相乗効果)

  • 複数の事業を展開することで、Aの事業がBに良い効果をもたらし、Bの事業もAに良い効果をもたらすこと。

シナジー効果の事例:

  • 鉄道会社がレジャー施設を運営
  • ビックロ(ビックカメラとユニクロの業務提携)
  • セブン銀行ATMをセブンイレブンやイトーヨーカドーに設置
  • ソフトバンクによるYAHOOなどのM&A